沿革 八幡浜紙業株式会社 | チリ紙・トイレットティッシュ・ペーパータオル | 愛媛県八幡浜市

会社概要

八幡浜紙業トップページ > 会社概要 > 沿 革

社訓・沿革・受賞歴

社 訓

社訓

コンセプト

人と未来に優しい製品づくり

沿 革

昭和22年7月

八幡浜市昭和通りにて八幡浜紙業株式会社を設立

昭和22年11月

抄紙機を設置し、ちり紙の製造を開始。昭和28年抄紙機を大型に取替え工場内の改造を行う

昭和42年

保内町より元東洋紡績の跡地18,897m2を買収し保内工場配送センターを開設。

昭和59年1月

五十崎町、大登製紙株式会社の経営を引継ぎ八幡浜製紙株式会社大登工場としてティッシュペーパー、トイレットペーパーの製造を行う。

平成元年11月

大登工場にジェットホーマー導入等により生産能力を1.5倍に

平成23年3月18日

長田 明裕 代表取締役就任

受賞歴

昭和52年
熟管理優良工場として通産省資源エネルギー庁長官賞受賞。
pagetop